廃車を免れた3シリーズ。
無料・簡単な一括査定で見つけた嬉しい査定も
もし下取りに任せっきりなら見落してたでしょうね。

本音と本気@3シリーズの価値

お店に表示の「高価買取り」という文字や、 担当者の「この査定額が限界です」という
言葉だけで説得されかけていませんか? 本当にその価格が限界なの?

実はあなたの3シリーズの本当の価値はもっと高いかもしれないんです。

そのことを、実は簡単に知る事ができます

年式・走行距離・グレード・オプション・カラーなどを考慮した手間と時間をかけた相場調べではありません

ではどうやって? 答えは簡単です。 ネットで気軽にできる愛車無料一括査定です。

たった3分の簡単入力で、あなたの3シリーズの査定を複数の中古車買取店が競います。 競った査定額を比較できるため、交渉なしでも高価が期待できます。

これでもう、お店の言い値を信じるしかない弱い立場ではありません。 初めてでも、忙しくても、足元を見られる心配はないですね。


特に見落とせないのが、全国で実績たっぷりの車買取査定ネットのカービューでしょう。 誰もが知る有名買取店、地元で実績を積む地元買取店、海外に販路を持つ買取店などが対応。 買取りは新しい車だけじゃないです。極端な話、事故車・水没車など動かない修理前のダメージカー専門買取店もあります。 だから低年式・型落ち・過走行くらいで価値をあきらめている場合ではないです。

初めてでも忙しくても簡単に利用できる査定調べに、簡単すぎて不安になる人もいるそうです。

カービューは、利用者300万人を軽く突破し、もはや車査定の定番です。

知らないまま愛車を手放したら、激しく後悔することになりそうです。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


勝手に廃車を決めない!3シリーズ

まず3シリーズが、廃車しか方法がないのかどうかを知ることから。

中古車の販路が多様化し、価値観も様々。だからこそ一括査定は一気に広がったのでしょう。もしどの店の査定額も同じなら、これほどの人気にはならなかったはず。

特に大きな変化は、海外にも中古車流通が広がったこと。 日本の中古車は、途上国など海外でも人気です。

国内で欲しい人がいなくても、海外で活躍できます。そして自走できない事故車・水没車まで専門の業者があるほどです。旧モデル・低年式・多走行・車検切れくらいであきらめてる場合ではないです。

愛車の査定調べは無料でカンタン。でも普通の人が、業者を査定額で選ぶというのは、昔の人が聞いたらビックリでしょう。

査定のための修理も不要。ありのままの状態で査定OK。

あなたの3シリーズの価値を見落さないために。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


カーライフ 「昔の常識」と「今の仕組み」

愛車にかかっている費用、改めて考えるとビックリするかも。月々の駐車場代や、任意保険の保険料。毎年の税金、2年に一度の車検と自賠責更新。これらは乗らなくてもかかる固定費みたいなもの。 さらに利用に応じてガソリン・軽油代、オイル・消耗品交換、修理・整備費などがあります。

少し前までなら、それが普通だと思っていたけど、便利な仕組みの登場や社会変化により、見直すところは見直したほうがいいです。

たとえば、次のような人は要チェックです。

「家族や友人など大勢で出かけられるように、大きいクルマを買ったけど、案外一人で乗ってることがほとんど。」
「ないと困るクルマだけど、近場やたまにの遠出だけで、年間ではそんなに距離は乗っていない。」
「免許がある家族のために、とりあえず車を買ったけど、考えてみると車が使われていない時間が長い。」

もし心当たりがあるなら、たとえばレンタカーやカーシェアリングの活用で、かなり効果的に節約することができるかも。

例えば利用頻度が少ない方なら、カーシェアリングが便利です。 カーシェアリングなら数十分などの短い時間単位でクルマを借りることができます。 (もし連続して6時間以上利用するならレンタカーのほうがおトクでしょう。)

皆で出かけるときだけ、大きいクルマをレンタルすれば、普段は小さいクルマでも大丈夫ですよね。 燃費の差から、かなりの節約&エコが見込めます。  (同じ距離走っても燃費の違いで燃料費が半分以下になることも!)

日本人は一般的にマイカー思考が強いといわれますが、 実はそこを見直すと、月々のお小遣いが数千円~数万円増えるかもしれないんです。

実はカービューの無料一括査定は、「脱マイカー」や「マイカーのエコ換え」を、最大限おトクに成功させたい人にも喜ばれてます。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


Line

廃車/買取り/下取り/査定の知識

中古車買取店
中古車買取店のなかで最も有名な買取店は、買取り実績No.1のガリバー(Gulliver)でしょう。全国各地にありしかもテレビCMも多いためお馴染みのガリバーですね。ガリバーは買取りのほか中古車販売でも有名です。カーセブン(CAR7)は全国100店舗、買取・販売の両方を手がける中古車買取店です。カーチス(CARCHS)は年間査定10万件をほこり顧客満足度が自慢です。高い専門性が特徴の中古車買取店では、輸入車専門のウッドストック(Woodstock)。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取が自慢のラビット(Rabbit)も有名どころです。20年間で100万台以上の実績を誇るアップル(Apple)。ユーポス(U-POHS)も関西ではよく耳にする中古車買取店です。中古車買取店は、挙げるとまだまだありますよ。興味がありましたらカービューものぞいてみてください。

事故車・水没車が得意な買取店
動かない事故車が買取りされてると聞くと驚きませんか?事故車も水没車も修復前(修理前)の状態で無料で買取り査定受けられます。そんな事故車や水没車の買取りや査定を得意とする買取店があります。例えばタウ(TAU)。事故車・故障車・水没車・不動車を「世界の価値基準」で高価買取するそうです。R&W(ラビット・ワールド)も全国エリア対応の事故車・不動車買取りです。これらの買取店意外にも海外に販路をもち中古車輸出を手がけてる中古車買取店なら、低年式や年落ちの進んだ古いクルマも、10万キロを超えた多走行(過走行)などで買取りできる場合もあります。日本の中古車は信頼されているからでしょう。海外で人気です。古くなっても発展途上国などの海外で現役続行する中古車も多いです。

カローラとサニー
トヨタのカローラに対して、ニッサンのサニーがライバル車でした。ニッサンのサニーは、先に姿を消してしまいました。1966年から2004年まで生産・販売された歴史の古い車種です。セダンを代表するクルマの一つでしたが、セダン自体が後退したことも姿を消す一因となったようです。

車の書類と住所
引越しなどで住所が変わった時の手続きで忘れがちなものに一つに車検証があると思います。車の中に入れっぱなしでずっと見ていない人は要注意です。とはいえ実際に困ることがあまりなく、問題となるのは、県が変わってないとすれば、車を手放すときくらいでしょうね。

査定と売れる自信
売る自信がない車は買取っても場所を取るだけですし、維持費用もばかにならないです。売る自信がない車ほど、相場より安く買いたい心情が働いても不思議はないですね。一方で売るあてがあり、急いで探している業者なら多少相場より高くても手配したいと焦っているケースもあり得るかもしれないです。業者の状況が査定額を左右することもあります。

ヘッドライトと夜間のドライブ
HIDのヘッドライトでの夜間走行って見やすくてらくです。一度経験するとハロゲンランプが暗く感じるほどです。HIDは純正品だけではなく、あとから交換できるタイプのものもあります。車いじりが好きな人なら自分でも交換できるよう工夫されている製品もあるようですが、自身がない人は整備工場に頼むのがいいでしょうね。

ベンツC200
ベンツC200がカローラに似ているという話を聞きました。でもホントはカローラが似ているといったほうが正しいのかも。他社のクルマと似た車ってけっこうあります。たとえば、丸くなる前のマーチは、ゴルフに似てるなぁと感じます。ホンダのストリームとトヨタのウィッシュも似てるかな。

車購入の値引きと3シリーズ上手な車購入.

愛車の買取りは簡単な割りに高価が出やすいです。一昔前なら手間隙かけて相場を調べる必要がありましたが、そんな苦労も今は昔。ですので、以前なら下取りにお任せしか思いつかなかった人たちも、買取り査定を簡単比較して高く売ることに成功しています。クルマを手放すのが初めてでも、いつも忙しい人でも、車に詳しい人でも簡単で高いと喜ぶ方法をどうぞ。

査定ゼロ
もう数年以上前の話ですが、高価買取りという宣伝につられて、ある有名中古車買取店に愛車の査定を依頼してみました。年式は古いものの走行距離は少なめで故障もほとんどない元気な車だったので、期待に胸を膨らませていきました。ところが査定の結果は「査定ゼロ」。まだまだ何年も元気に乗れるクルマが、ジュース一本分の価値も無いなんて・・・正直ショックでした。査定は店頭でのことですので、気まずさと恥ずかしさのために早くその場を後にしたいという思いでいっぱいになり、疑問や不満を口にすること無くその場を去りました。そのころネットの一括査定が合ったら、あんな恥をかくことも無く、さらにもしかしたら高く売れたかもしれないのになぁ。。。残念です。


試して簡単買取り査定

クルマのお役立ちサイト

| BMWフォルクスワーゲンメルセデス・ベンツタイヤの協会:JATMA国土交通省:MLIT

☆その他

★セダン

★ワゴン

★クーペ・オープン

★ハッチバック・コンパクトカー

|
| カローラ買取り・下取り・廃車・査定

お問い合わせ

お問合せ・ご意見などはコチラにどうぞ

Copyright © 2007-2017 高っ!!【カローラ】買取り/下取り/廃車~試して簡単査定比較~. All rights reserved