私のフィット
「この額が限界です」といわれて納得しかけてたけど
一応、無料一括査定を試したら...予想外のv(^o^)

本当の価値@フィット

看板通り高価買取りかどうか? 「限界いっぱいの査定額です」という言葉は本当か? 看板や言葉だけでは分かりません。 実はもっと高値が見つかるのかも。

昔の常識で考えるとフィットの査定は、どこも一緒と思うのかな。

でも今は違います。「価値観の多様化」と「簡単になった査定比べ」が常識を変えました。

昔の方法といえば、車種と年式・カラー・走行距離などが類似の車を根気よく調べる相場調べ。でも相場って、手間の割に分かるのは曖昧な概算程度が精一杯。

ところがネットの愛車無料一括査定なら、ズバリ愛車の評価です。

しかも数分程度の簡単入力で、そのフィットに対応できる買取店が査定を競う仕組み。 無理な交渉で査定アップを狙うのとはわけが違います。

高く買取できる業者を見落すこともなくなり、販売店の下取りに足元を見られる心配もなくなるはずです。


業者が分からない、業者に迷ったら、車買取査定ネット・カービューの出番です。 有名だから・大手だから高いとは限らないです。地域で実績を上げる隠れた名店が高い評価をつけることも。 近頃は車検切れ・事故車・水没車など動かない車が得意な業者もあり、走行距離が多いとか古いとか程度で車の価値をあきらめるのはもったいないです。

どちらかというと初めての人には、簡単すぎて驚かれます。

あっという間に利用者300万人を軽く超え、多くの人に支持されています。

この一括査定を利用しない、愛車の手放し方のほうが心配です。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


勝手に廃車を決めない!フィット

査定しだいでフィットが廃車かどうか決まります。

販売店の「下取り査定」だけとか、一つの業者の「言い値」だけとかで判断したら残念すぎます。 愛車の無料一括査定が 査定比べを一般の人にも身近なものにしました。

「でも、どの業者も査定額なんて同じでしょ?」 その考え、間違ってます。 日本の中古車は途上国など海外にも渡ってます。

国内の価値観だけではないので、うかつに廃車を決められないです。 動かない事故車・水没車まで買取されてるって昔の人が聞いたらショックでしょうね。だから年落ちが進んでも、走行距離が多くても価値をあきらめる理由にはなりません。

査定は無料で簡単です。

修理・整備の必要もナシ。 車検切れも、故障も、そのまま査定でOK。

カービューがきっとフィットの本気の価値を見つけてくれるでしょう。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


マイカーよりお得なカーライフがあるかも

マイカーの所有でお金がかかってます。駐車場代や、任意保険の保険料、車検代と一緒に払う自賠責の保険料、毎年春の税金などは、利用の有無に関わらずかかる固定費です。 そして利用に応じてかかる燃料費やオイル交換・消耗品交換などの費用、故障・不調時の整備費も忘れられないです。

改めて見るとけっこうありますね。慣れちゃって普通になっているかもしれませんが、実は見直すことで節約できる場合も多いです。

例えば次のようなことに心当たりはないでしょうか。

「車はないと困るけど、近場ばかりで遠出は少なく、トータルではそんなに乗らない。」
「みんなで乗れるように、大きい車を選んだけど、一人で乗ることがほとんど。」
「免許を持つ家族にそれぞれ車があるけど、同時に使われてることがあまりない。」

これまでの発想を転換して「レンタカー」や「カーシェアリング」を選択肢に加えると、ビックリするほどの節約が見つかることも。

数十分単位で車が借りられるカーシェアリングなら幼稚園の送迎とか近場のちょっとした利用に便利です。 (利用時間が6時間以上ならレンタカーのほうがお得。)

一人で使うときは小さい車で、みんなが集まったらレンタカーを活用することで、日々の燃料費の節約になります。 燃費の差はバカにできないです。車によって燃費が倍以上違うことも多いですから、燃料費を半減できるかも。

結局日本人はマイカーが当たり前という社会で生活しているので、ある意味頭が堅いんですね。 でもそこを見直すと、月々で数千円~数万円、使えるお金が増えるかもしれないのです。

そんな「節約志向の乗り換え」や「脱マイカー」を検討するときにも、マイカーが今どのくらいの価値なのかを手軽に知ることができる、カービューの「無料一括査定」が欠かせないです。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


Line

廃車/買取り/下取り/査定の知識

選択肢が豊富な中古車買取り
車を手放すときに販売店の下取りに任せっぱなしでは残念なほど、中古車買取りには実は選択肢がたくさんあります。単純に全国規模で知られる業者だけでも、ガリバー(Gulliver)、ティーアップ(T-up)、カーセブン(CAR7)、カーチス(CARCHS)、ラビット(Rabbit)、アップル(Apple)、カウカウ(COWCOW)、ユーポス(U-POHS)などがあります。地元密着営業で地域で実績を上げている地元業者もあります。また特徴を持った専門性が特徴の業者では、輸入車専門のウッドストック(Woodstock)などもあります。どの業者が愛車を最も評価してくれるかを考えるのに、カービューはすごく便利な仕組みの一つです。一つ一つ業者を回っていたら、いい業者が見つかる前に、疲れたり心が折れたりという事態もなくはないです。シビアなところはシビアですから。

なぜか廃車じゃない事故車・水没車
大破して動かない事故車とか、見るからにポンコツ化した水没車が廃車ではなく買取されていることもあるそうです。そんなダメージカーが得意な業者もあるんだとか。国内の価値観でいえば、欲しい人なんかいなそうですが、販路が海外にまで広がったことが大きいのかも。タウ(TAU)やR&W(ラビット・ワールド)などがダメージカーでは知られます。動かない車でも価値を持つくらいだから、古いとか型落ちくらいで廃車と決めつけるのももったいないと勇気が出るのでした。査定のために修理は不要ですし、故障車や車検切れも気軽に調べてみてもよさそうです。結果的に廃車だとしても、査定は無料ですし、失うのはわずかな時間と期待くらいなものです。

日本の中古車が海外で人気
日本の中古車が海外でも人気です。そのためたくさんの日本の中古車が海外へ輸出されてます。日本の中古車の人気の理由は、クルマを大事に乗る日本人の気質や車検制度、国内の道路舗装率の高さなどにより古くても高い品質が期待できることのようです。海外での人気を受けて昔なら廃車とあきらめてたクルマも売れてるようです。

カローラレビン
カローラレビン(COROLLA LEVIN)はカローラをベースとした小型スポーツクーペです。スプリンタートレノは姉妹車。初代カローラレビンは1972年3月登場です。2000年8月に生産中止となるまで7代目までフルモデルチェンジが行われました。モータースポーツ活動も行われたモデルです。

ワイパーの点検
ワイパーのゴムの劣化が進むとふき取りが悪くなり、安全運転に支障が出かねないほど視界が悪くなることもあります。油膜を取ったり、劣化したものは換えるなりが必要です。ワイパーのゴムだけでなく、ブレードも経験で錆びついてくると見た目がわるいので、交換してリフレッシュするのもいいかも。

自動車ローンの残り
自動車ローンの残債が残っている時点で車を手放すことはできるのでしょうか。おそらくローン残債がある場合、車検の名義で所有者がローン会社になっていることでしょう。そのため、手続きにはローン会社の協力が必要です。ローン残債が一括返済できるようであれば、問題も少ないでしょうが、残債を返済できない場合は難しいかも。

カローラと旧車(Q車)
カローラは歴史のある車です。また、人気のある車だけに、古い車に懐かしさを感じる人は多いです。そんなカローラの旧車を見かけると、古きよき時代を思い出すのでした。でも旧車の維持って部品が手に入りにくいので、すごく大変なんですよね。特に動ける状態での維持は。

HIDバルブキット快適カーライフ!セリカでドレスアップ.

愛車の買取りは簡単な割りに高価が出やすいです。一昔前なら手間隙かけて相場を調べる必要がありましたが、そんな苦労も今は昔。ですので、以前なら下取りにお任せしか思いつかなかった人たちも、買取り査定を簡単比較して高く売ることに成功しています。クルマを手放すのが初めてでも、いつも忙しい人でも、車に詳しい人でも簡単で高いと喜ぶ方法をどうぞ。

査定ゼロ
もう数年以上前の話ですが、高価買取りという宣伝につられて、ある有名中古車買取店に愛車の査定を依頼してみました。年式は古いものの走行距離は少なめで故障もほとんどない元気な車だったので、期待に胸を膨らませていきました。ところが査定の結果は「査定ゼロ」。まだまだ何年も元気に乗れるクルマが、ジュース一本分の価値も無いなんて・・・正直ショックでした。査定は店頭でのことですので、気まずさと恥ずかしさのために早くその場を後にしたいという思いでいっぱいになり、疑問や不満を口にすること無くその場を去りました。そのころネットの一括査定が合ったら、あんな恥をかくことも無く、さらにもしかしたら高く売れたかもしれないのになぁ。。。残念です。


試して簡単買取り査定

クルマのお役立ちサイト

| ホンダマツダオートオークション場など:JU中販連軽自動車の新車販売台数など:全軽自協新車販売台数など:JADA

☆ホンダ

★ハッチバック・コンパクトカー

| 盆提灯と漆器のことなら、分かる盆提灯と漆器のページのことです.
| カローラ買取り・下取り・廃車・査定

お問い合わせ

お問合せ・ご意見などはコチラにどうぞ

Copyright © 2007-2017 高っ!!【カローラ】買取り/下取り/廃車~試して簡単査定比較~. All rights reserved