ピノの価値
ネットの査定比べなら、本当の価値を見落さないはず。
カンタン無料ですし、廃車と判断するのは調べてから。

ピノの本当の価値を知る

高く買取ります!」という看板や、店の人の「精一杯の査定額です」という言葉に惑わされて納得しかけてないですか? そのフレーズは本当に本音でしょうか?

もしかしたらピノの価値は、そんなものではないのかも。

その疑問、昔と違って客観的に判断する方法があります

もちろんその方法は、昔ながらの手間・暇かける相場調べじゃないです

ネットが可能にした、愛車の無料一括査定です。

たった数分の簡単入力(車名・年式・走行距離・グレード・オプション・カラーなど車や車検証を見れば分かる情報)で、そのピノに対応できる買取業者が査定を競う仕組み

販売店の下取りに任せっぱなしだった昔とは違います。 車に詳しくなくても、時間がとれない多忙な時期でも、気軽に試せるところが支持されています。


全国で実績豊富な車の買取・査定ネットとして知られるカービュー。 有名な大手買取店に限らず、地元の隠れた実力店なども参加しています。 高年式や高級車、輸入車などの高級路線だけじゃなく、自走できない事故車・水没車が得意な買取店もあります。 低年式・モデル落ちや多走行でも、心配なく査定が調べられます。

営業時間を気にすることなく、いつでも簡単に調べられ、忙しくても「業者の見落し」という失敗を防げそうです。

実績たっぷりのカービューだから、多くの人にとって、車を手放すときの定番なんだとか。

この方法を知らずに、愛車を下取り任せにしたら、家族や友人に笑われてしまうかも。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


自分のピノが廃車かどうか

まずピノが、廃車しか方法がないのかどうかを知ることから。

中古車の販路が多様化し、価値観も様々。だからこそ一括査定は一気に広がったのでしょう。もしどの店の査定額も同じなら、これほどの人気にはならなかったはず。

特に大きな変化は、海外にも中古車流通が広がったこと。 日本の中古車は、途上国など海外でも人気です。

国内で欲しい人がいなくても、海外で活躍できます。そして自走できない事故車・水没車まで専門の業者があるほどです。旧モデル・低年式・多走行・車検切れくらいであきらめてる場合ではないです。

愛車の査定調べは無料でカンタン。でも普通の人が、業者を査定額で選ぶというのは、昔の人が聞いたらビックリでしょう。

査定のための修理も不要。ありのままの状態で査定OK。

あなたのピノの価値を見落さないために。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


ついでに特集!マイカーじゃないカーライフで節約

愛車を所有すると車に乗らなくてもかかる費用があります。たとえば、税金や車検代、自賠責など。さらに任意保険の保険料や駐車場代なそもあります。 車に乗れば、燃料費がかかりますし、故障や不調で整備費がかかることもあります。消耗品やオイルなどの交換にも費用が掛かります。

当たり前すぎて、気にしていなかったかもしれないけど、車との関係を見直すだけで、放っておけないほどの大きな節約になるかもしれないです。

気づいていないだけで、ムダがいっぱいあるのかも。

たとえば、「愛車に乗っているときより、駐車場に止まっているときのほうがずっと長い。」
「免許を持つ家族にそれぞれ車を買ったけど、同時に使われる機会は意外と少ない。」
「一人で乗ることがほとんどなのに大型の乗用車を乗っている。」

利用する時間に応じて「レンタカー」や「カーシェアリング」を使いこなせば、マイカー所有のための費用はかなり減らせます。

近くを行ったり来たり程度では、走行距離はたかが知れてますし、カーシェアリングなら数十分単位の短い利用に適しています。 (連続で6時間以上の利用ならレンタカーが適しています。)

人や荷物をたくさん載せたいときだけ、大きい車をレンタルすれば、気分も切り替わりますし、普段は燃費重視の車で済むはずです。 車によって燃費の差は大きく、燃料費を半減させることも難しくはないみたい。

過去からいつの間にか刷り込まれてきたマイカー思考も、時代とともに薄れてきています。所有にこだわらなければ、月々数千円~数万円ほどの節約ができるかもしれないのです。

そんなマイカー卒業や、燃費重視の車の買い替えにも、カービューの無料一括査定が役立ちます。最初節約は、愛車を高く評価してもらうところから。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


Line

廃車/買取り/下取り/査定の知識

車の買取店いろいろ
車買取は地元業者から全国規模の大手まで様々です。全国の店舗数が自慢のカーセブン(CAR7)では、買取りも販売も行っているそうです。車の買い替えにはすごく便利かも。カーチス(CARCHS)もまた年間の査定件数とか顧客満足度とか、アピール点が多い業者です。中でも最も有名な業者といえば、誰もが知るガリバー(Gulliver)でしょうか。買取実績ナンバーワンの実績を何年も継続したそうで、テレビCMによっても知られています。店舗も各地にあるので目にする機会も多いでしょう。規模だけではなく、特徴に着もしてみても面白いです。輸入車専門のウッドストック(Woodstock)とか、日本最大級の中古車オークションと連携のラビット(Rabbit)、20年間で100万台以上の実績のアップル(Apple)、関西の雄であるユーポス(U-POHS)などなど。カービューにはまだまだ違う業者も発見できるはず。

修理前の事故車・水没車でも
動かない自動車に価値なんかあるのか?でも修理前の動かない事故車などダメージカー専門の買取業者もあります。事故車も水没車も修復前(修理前)の状態で査定を受けるってなんだか失礼に感じるかもですが、それが仕事なので、気軽に受けていいみたい。もちろん無料査定です。例えばタウ(TAU)では「世界の価値基準」を掲げ事故車・故障車・水没車・不動車に取り組んでます。R&W(ラビット・ワールド)も全国エリア対応の事故車・不動車対応しています。他にも海外の販路とつながり中古車輸出をしている業者とか、部品取りの業者とか、低年式・年落ち・型落ちの車の可能性を広げてます。長距離の多走行や車検切れなどもまずは気軽に査定を受けましょう。発展途上国などの海外で再び活躍する車もあります。

カローラフィールダー
カローラフィールダー(COROLLA FIELDER)はステーションワゴンタイプのカローラの派生車種です。SMAPの木村拓哉さんのテレビCMでもおなじみのステーションワゴンです。1982年5月に登場したカローラツーリングワゴンの後継で、2000年8月に登場しました。5ドアステーションワゴンです。

カローラルミオン
カローラルミオン (COROLLA RUMION) は小型トールワゴン型のカローラの派生車種です。登場は2007年10月から。比較的新しい車種です。カローラランクスやカローラスパシオの後継車種としての役割も果たしているようです。全長はアクシオやフィールダーよりも短いです。

バッテリーの点検
バッテリーの点検はスタンドなどで電圧をはかってもらうことでチェックできます。でも計測しなくても、エンジンのかかりが悪くなったとかの兆候は注意していると気付けるかも。バッテリーも消耗品なので何年か経過していたら注意が必要です。エンジンがかからないなど、急なときだと困るトラブルなので、早めの交換が大事でしょう。

時間がないから比較
愛車の価値に納得するためには複数の業者の査定を比べてみるのが一番だと思います。1社相手の交渉ではどこまで本気なのか分かりにくいです。とはいえ、昔は査定比べに手間がかかったので、簡単ではなかったけど、便利な一括査定が利用できる時代だから、時間がとれない人ほど短時間で納得するためにも査定比べが欠かせないと思う。

ベンツC200
ベンツC200がカローラに似ているという話を聞きました。でもホントはカローラが似ているといったほうが正しいのかも。他社のクルマと似た車ってけっこうあります。たとえば、丸くなる前のマーチは、ゴルフに似てるなぁと感じます。ホンダのストリームとトヨタのウィッシュも似てるかな。

エコカー補助金・減税とピノで最高の購入・買い替えタイミング.

愛車の買取りは簡単な割りに高価が出やすいです。一昔前なら手間隙かけて相場を調べる必要がありましたが、そんな苦労も今は昔。ですので、以前なら下取りにお任せしか思いつかなかった人たちも、買取り査定を簡単比較して高く売ることに成功しています。クルマを手放すのが初めてでも、いつも忙しい人でも、車に詳しい人でも簡単で高いと喜ぶ方法をどうぞ。

査定ゼロ
もう数年以上前の話ですが、高価買取りという宣伝につられて、ある有名中古車買取店に愛車の査定を依頼してみました。年式は古いものの走行距離は少なめで故障もほとんどない元気な車だったので、期待に胸を膨らませていきました。ところが査定の結果は「査定ゼロ」。まだまだ何年も元気に乗れるクルマが、ジュース一本分の価値も無いなんて・・・正直ショックでした。査定は店頭でのことですので、気まずさと恥ずかしさのために早くその場を後にしたいという思いでいっぱいになり、疑問や不満を口にすること無くその場を去りました。そのころネットの一括査定が合ったら、あんな恥をかくことも無く、さらにもしかしたら高く売れたかもしれないのになぁ。。。残念です。


試して簡単買取り査定

クルマのお役立ちサイト

| 日産自動車公取協:AFTC新車販売台数など:JADA道路交通情報:JARTICタイヤの協会:JATMA

☆日産

★軽自動車

| 5年超10年超古い車を手放すときのことなら、5年超10年超古い車を手放すときのことです.
| カローラ買取り・下取り・廃車・査定

お問い合わせ

お問合せ・ご意見などはコチラにどうぞ

Copyright © 2007-2017 高っ!!【カローラ】買取り/下取り/廃車~試して簡単査定比較~. All rights reserved